トリアイナ、時代家具をリペア・リメイクで次の世代へ

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/1人様:8,000円 残席わずか!(税別)

「注目の取り組み」

トリアイナ、時代家具をリペア・リメイクで次の世代へ

2020年09月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時代家具を次の世代へ

工房で修復しネット販売
赤富士竜市(トリアイナ)

買取販売や古物市場運営を行うトリアイナ(東京都江東区)が時代家具の修理・販売を行う工房「赤富士竜市」(東京都足立区)を昨年10月から始めた。
この秋から本格的に時代家具専門のウェブショップもオープンする予定だ。

綺麗に塗装された時代家具削り直しをし、きれいに塗装された時代家具

「時代家具は、昔の職人さんが一つひとつ魂を込め、素晴らしい技術を駆使して作っています。僕らは同じ職人として、それをリペア・リメイクして美しく甦らせ、多くの人にその魅力を伝えたいと思っています」。そう話すのは、赤富士竜市の工房長の上杉竜一さんだ。

上杉さんはトリアイナの三浦哲郎会長と幼なじみ。上杉さんは「家具修理を通して、社会貢献したい」と考えて三浦会長に相談。トリアイナ の買取サービス「COYASH(コヤッシュ」で家具の買取り依頼が増えていたことから、集まった家具を修理する工房を立ち上げることになった。

すでに時代家具以外の家具をヤフオク!で販売しており、6月だけでもタンスが20〜30棹も売れるなど、手応えを感じている。

時代家具は屋外、物置に放置されていた物も時代家具は屋外の物置などに放置されたままの状態のものが多く、中にはシールが貼ってあるものも

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第496号(2020/9/25発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top