カラオケ流通センター、富裕層向けにカラオケ機器付きコンテナ販売

検索

カラオケ流通センター、富裕層向けにカラオケ機器付きコンテナ販売

2021年05月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラオケ機器の買取・販売を「カラオケ流通センター」の屋号で行うディエムジーコーポレーション(千葉県佐倉市)は5月を目処に、富裕層に向けたカラオケ機器付きコンテナハウスの販売に乗り出す。個人宅の庭に設置可能な40フィートコンテナにカラオケセットを備え付ける。コロナ不況で落ち込んだ法人需要を補う。

中古カラオケ付きコンテナ販売

40フィートを庭に設置

店舗にはカラオケ機器が並ぶ店舗にはカラオケ機器が並び、実際に歌うこともできる

コンテナに窓や戸を付けて10㎡程度の小屋とし、設備や法律面で通常の建築物より安価に設置できるようにする。対象には主に富裕層を想定。「相当数のカラオケファンの方が自宅の防音施工を希望されていたり、納屋を改築してカラオケができるようにされている。コンテナであれば設置しやすく、建築基準法による建築確認も不要なため、比較的簡単に設置ができる」(工藤大社長)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第511号(2021/5/10発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる