竹栄、加盟店は約180店「月額制の廃棄食品シェア」

検索

Reuse×Tech 2022

竹栄、加盟店は約180店「月額制の廃棄食品シェア」

2021年05月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月額制の廃棄食品シェア

980円で10回受け取れる

田尻敏憲 サービス担当田尻敏憲サービス担当

竹栄(北海道札幌市)のフードシェアサービス「プラスフード」が注目を集めている。月額料金を払うと、加盟店で廃棄されるはずだった食料品をその月の上限回数まで受け取れる。加盟店は約180店、また有料ユーザー数は200人近くいる。加盟店はパン屋、製麺会社、弁当店、農家等の生産者など。最安プランでは税別980円で月10回まで食料の受け取りができる。

大学生や高校生から、「活動の内容を紹介したい」と動画撮影の提案を受けるなどしている。「開業当初は想定できなかった反応でした」(田尻敏憲サービス担当)。このほか加盟店同士の交流も生まれた。田尻氏の提案から加盟店の製麺会社とパン屋が組んで独自の「焼きそばパン」を開発し、道内の9つの店舗で販売に至った。

第511号(2021/5/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる