八木書店、新刊書店にB本卸増加

検索

八木書店、新刊書店にB本卸増加

2014年04月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

粗利最大70%が魅力

バーゲンブック卸最大手の八木書店(東京都千代田区)には、新刊書店からのバーゲンブック注文が増加している。

バーゲンブックは出版から1年以上経過した出版社の特定の余剰在庫を格安で販売するもの。従来は古書店や催事業者を中心に提供してきたが、「近年は出版市場が縮小しており、売上低迷に悩む新刊書店が粗利益率の高さに注目し、徐々に導入し始めている」(八木唯貴社長)と言う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

342号(2014/04/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる