エコリング、「リモート育成」で出店加速

検索

Reuse×Tech 2022

エコリング、「リモート育成」で出店加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買取店を直営・FCで展開するエコリング(兵庫県姫路市)では、人材の「リモート育成」により出店を加速させている。これの導入前は1年あたりの出店数が一桁か10店程度だったが、導入後はそれ以上という。今年は既に13店を出した。新人査定士に対して本部側がネットワークカメラを介して査定や接客の補助をし、即戦力とすることで成長を早めている。人材育成の向上で出店増につなげている。

リサイクル通信イメージ画像08

リモート育成は同社の全店が直営だった2016年に開始し、FC展開を始めた18年以降は加盟店向けにも拡大している。入社間もない査定士やFCに参入したばかりの加盟企業に対し、エコリングの本部がカメラを介して真贋鑑定、買取額の値付け、接客内容のフォローをリアルタイムで行う。実際に接客をしている査定員には音声やテキストでフォローが入る。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる