エンディング産業展、エンディングマーケットが大きな変化を迎えている

検索

Reuse×Tech 2022

エンディング産業展、エンディングマーケットが大きな変化を迎えている

2021年06月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多量死時代を控え盛況の終活セミナー

日本の"おひとりさま市場"は1300万人

セミナー「終活の第一人者が考える『おひとりさま』のサポート」の様子セミナー「終活の第一人者が考える『おひとりさま』のサポート」の様子

6月9~11日、東京ビッグサイト青海展示棟(東京都江東区)にてフューネラルビジネスや終活に関する総合展「第7回エンディング産業展」が開催された。

2025年には死亡者数153万人が出生数73万人のほぼ2倍に達するとの予想が立てられている。『終活』という言葉も一般化してきた現代において、エンディングマーケットは大きな変化を迎えている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第514号(2021/6/25発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる