メルカリ、事業者出品を解禁。中古店の5割が「出店したい」

検索

メルカリ、事業者出品を解禁。中古店の5割が「出店したい」

2021年08月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリ子会社のソウゾウ(東京都港区)は、7月末に「メルカリショップス」を発表。事業者による出品を解禁した。EC機能を徐々に拡充し、日米のフリマ、ペイメント事業に続く第4の柱としたい考えだ。リユース事業者に対して実施した弊紙アンケートでは、事業者の5割強が出店に前向きな姿勢を見せた。

事業者出品を解禁

中古事業者「出店したい」5割

オンライン会見を行うソウゾウ石川佑樹社長とメルカリ山田進太郎社長オンライン会見を行うソウゾウ石川佑樹社長(左)とメルカリ山田進太郎社長(右)

9月正式スタート大口出品にも対応

「メルカリショップス」は、メルカリアプリ内に新たに追加された機能。法人アカウントを取得することで、アプリ内の「ショップ」タブ上で、メルカリ同様のUIで販売が可能となる。法人アカウントは個人も申し込みができ、登記などは不要だ。

中古品の販売も可能で、ヤフオク!と異なり、古物商許可証を届け出る必要はない。一方で金券、酒類の販売は規約で禁じている。

法人アカウントで可能となるのは、大口出品、コメント欄の閉鎖による値下げ交渉の廃止だ。手数料は10%に据え置く。また現在は商品登録・発送処理などすべてスマホのみの対応だ。

解説動画はコチラ

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第517号(2021/8/10発行)28面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる