バリュエンス 、サッカー南葛SCに経営参画し、 IP販売

検索

バリュエンス 、サッカー南葛SCに経営参画し、 IP販売

2021年09月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買取店「なんぼや」を運営するバリュエンスHD(東京都港区)は7月、サッカークラブを運営する南葛SC(東京都葛飾区)の株式33.5%を取得し、チーム運営のサポートを実施すると発表。同チームのアイコンである「キャプテン翼」を生かしたIP事業を世界展開する。

会見を行うバリュエンス嵜本社長(左)と漫画家で南葛SC社長の高橋氏

会見を行う嵜本社長(左)と漫画家で南葛SC社長の高橋氏

南葛SCは2019年発足。漫画家で「キャプテン翼」の作者である高橋陽一氏が代表を務めることから、キャプテン翼の主人公である大空翼がイメージアイコンとなっている。バリュエンスは「ガンバ大阪」スポンサーや、スポーツチーム公認オークション「ハットトリック」事業などアスリート支援に力を入れており、今回新たにサッカーチームの経営に参画する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる