豊島、「受注生産商品」「サステナブル商品」「リユース品の販売」3つの軸で展開

検索

豊島、「受注生産商品」「サステナブル商品」「リユース品の販売」3つの軸で展開

2022年01月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種繊維品の卸などを行う豊島(愛知県名古屋市)は、消費者向けにサステナブルファッションの認知度向上を推進し事業者向けにはサステナブル商品を発信する場となるECサイト「Re:Circulet(リサーキュレット)」を昨年の11月20日に開始した。受注生産商品、サステナブル商品、リユース品の販売の3つの軸で展開を行う。

サステナブル商品を発信、販売

認知度向上及び情報発信の場を提供

イメージ画像イメージ画像

リユース品の販売「SECOND HAND SHOP:Pre-LOVED」では、KOLと呼ばれる芸能人やSNSインフルエンサーなど、影響力のある著名人が大切に使用していた商品の販売を行う。使用していた時の思い出など、インタビューと共に毎週アイテムを掲載していく。売上の一部はひとり親のサポートを行う認定NPO法人フローレンスや、水・衛生支援に取り組む認定NPO法人ウォーターエイドジャパンなどに寄付し、ファッションを通じて社会への循環の輪をより広げることを目指す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第528号(2022/1/25発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる