携帯3キャリアが中古スマホの販売開始

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

携帯3キャリアが中古スマホの販売開始

2022年05月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTドコモ(東京都千代田区)は3月23日より中古アイフォーンの販売を開始した。docomo Certified(ドコモ認定リユース品)と銘打ち、3~4年ほど前に発売された3機種をまず扱っていく。これにより、ドコモ・au・ソフトバンクの主要キャリア全てで公式に中古スマホを取り扱うことになる。

各社取り扱いモデルと価格 ※4月8日時点
各社取り扱いモデルと価格

各キャリアの共通点は、下取りサービスで仕入れた端末を取り扱い、販売をオンラインに限定すること、電池残量が80%以上で、付属品は限られることだ。

また各社とも一定期間利用後の端末返却を前提とした割引には対応しない。

ドコモは下取りOK 最安はソフトバンク

ラインナップはドコモが豊富だ。アイフォーンX、XS、XRを、それぞれ複数の容量を取扱うほか、S品とA品の2つの状態から選択可能にする。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第534号(2022/4/25発行)16面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる