中古レコードの世界【第16回】、レコード仕分けのポイント②

検索

「中古レコードの世界」

中古レコードの世界【第16回】、レコード仕分けのポイント②

2022年07月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第16回レコード仕分けのポイント②

前回に続き、仕分けのポイントを紹介します。ここがある意味、一番価格に差が出るところになります!

値段に差が出る付属品、1万円が500円以下になることも

帯や付属品の有無で値段は大きく変わる帯や付属品の有無で値段は大きく変わる

3.帯と付属品は破れていても捨てない

日本独自の文化とも言える、本やレコード、CDに付属した帯ですが、こちらが有ると無いとでは価格差がかなり出てきます。帯があると10,000円で売れるものが、帯がないと売価が500円以下まで下がってしまうものも多いです。

片付けや遺品整理などの現場において、帯やポスター、インサート、歌詞カード、ステッカーなどを引き出しなど別の場所にまとめて保管されている方も多いので、発見した場合にはひとまずレコードと一緒に避難させてください。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第540号(2022/7/25発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる