ウィファブリック、ユーザー数3倍増 CO2削減タグの認知9割

検索

ウィファブリック、ユーザー数3倍増 CO2削減タグの認知9割

2022年07月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパレル在庫の卸売、仕入れサイトの「スマセル」を運営するウィファブリック(大阪府大阪市)は、1年間で前年の約3倍の20万ユーザー数を獲得している。新品価格以外の商品に、焼却処分されないことでどのくらいCO2が削減できるかを明記したタグを付けている。

同社が利用者に行った独自のアンケート調査では、約9割がCO2削減タグの取組みを認知。SDGsなど環境配慮を考える消費者が増加しているなどの背景から支持を得ている。これまでに約1500トンほどのCO2削減ができている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる