「シティポップ」レコード人気けん引

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

「シティポップ」レコード人気けん引

2022年08月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹内まりやさん等で知られる「シティポップ」ジャンルが国内外で人気だ。これによりレコードの売上が上昇しており、中古品の価格が上昇。新品市場でも当時の楽曲を再プレスしたり、あえてレコードで新曲をリリースする動きにもつながっている。

HMVは前年から売上1割増

音楽よりもインテリア性を求めて購入する客も多い音楽よりもインテリア性を求めて購入する客も多い

ローソンエンタテインメント(東京都品川区)では、同社が運営する音楽メディアショップ「HMV」に、中古レコードを主体とした店舗も展開。2014年に渋谷でオープンしたのを皮切りに、新宿や吉祥寺にも店舗を出している。

前年度の中古レコードの売上高は、前の期より1割以上伸びた。コロナ禍でインバウンド客が呼び込めないなかでも、「オンラインショップがプラスだったので、結果的に補填ができた」(レコードショップ営業部長・竹野智博氏)。

HMVでは、日本のお客の間でもシティポップ人気が高い。「シティポップという言葉は、ここ3~4年で一番多く聞かれるワード。カフェで使うインテリアとして飾りたいと、依頼されることもあります」(同氏)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第542号(2022/8/25発行)23面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる