エスエヌシー、大阪に1300坪 センター拡張

検索

エスエヌシー、大阪に1300坪 センター拡張

2022年10月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン(PC)のリユースを手掛けるエスエヌシー(SNC、大阪府大阪市)ではPCのライフサイクルマネジメント(LCM)サービスの拡大を見据え、大阪府内に構える「西日本テクニカルセンター」を移転し拡張した。東大阪市から大阪市・大正区に移し、広さを移転前比で約2.5倍の1300坪とした。「西日本では業界最大級」(中近芳樹社長)という。

パソコンLCMサービスを強化

エスエヌシー 新「西日本テクニカルセンター」は1300坪新「西日本テクニカルセンター」は1300坪

LCMとは、IT機器やシステムの、導入から廃棄までをサポートするサービスを指す。同社では2年ほど前より、法人エンドに向けた新品PCの販売やレンタルに乗り出しており、これが軌道に乗り始めていた。今後LCMサービスの拡大に伴い在庫を増やす中、センターを拡張したことで在庫管理の適正化などを図る。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第546号(2022/10/25発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる