買いクル、障がい者雇用で出店加速

検索

買いクル、障がい者雇用で出店加速

2023年07月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買取フランチャイズ(FC)「買いクル」の本部、RC(東京都大田区)は6月15日、障がい者就労支援事業をFC展開するフォープラン(愛知県名古屋市)と、双方のFC出店加速に向けた業務提携契約を締結した。互いにFC加盟しあうことで、各々が抱える課題の解消を図る。

就労継続支援FCザーと提携

RC 「ほまれの家」の直営店が買いクルに加盟。障がい者が中古の家電を清掃したり、古本をEC出品したりしている「ほまれの家」の直営店が買いクルに加盟。障がい者が中古の家電を清掃したり、古本をEC出品したりしている

買いクルは、無店舗型のリユース店として、出張買取やEC販売を展開。加盟店は80店ある。

一方、提携先となるフォープランでは就労継続支援A型事業所の「ほまれの家」を展開。加盟店数は64店ある。

買いクルでは年間1万2000件にわたりユーザー宅へ訪問し、買い取った品物をECなどで販売。EC販売においては、人材確保が困難であったり、出品に要する時間が十分に確保できなかったりなど、課題を抱えていた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第563号(2023/07/10発行)28面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる