西田書店、古書店が優良店舗として表彰 文化継承で地域の発展に寄与《第164回》

検索

西田書店(神奈川県横浜市)

西田書店、古書店が優良店舗として表彰 文化継承で地域の発展に寄与《第164回》

2017年03月10日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
創業1947年の老舗古書店・西田書店(神奈川県横浜市)は、平成28年度「神奈川県優良小売店舗」として表彰された。これは独自の経営理念を掲げ、個性的な店づくりをしていることや地域経済の発展に寄与していることが評価されたもの。「文化の継承」を経営理念に掲げ、歴史的にも貴重な古書を次世代へとつないでいる。

ショーケースで企画展示

西田書店 ショーケース1階のショーケースは、スタッフがアイデアを出してテーマを決め、企画展示を行っている。取材時(2月)は聖書やキリスト教関係の資料を陳列していた

鶴見駅から徒歩5分、豊岡商店街の中にある西田書店。同店の経営理念は「文化の継承」。店内には歴史、国文学、宗教、書道、美術などの書籍が並ぶ。特に力をいれているのは神奈川の郷土史だ。

「客層は大学教授をはじめとする研究者の方が多いですね。図書館や資料館などとの取引も多くあります」と代表の佐藤健二さん。売上の7割がそうした学術機関。買取りも研究者からの依頼が多く、紹介も増えている。

もう一つ大切にしているのは「書は處(所)を得て光る」という言葉だ。先代の娘で生まれた時から本の中で育ってきた佐藤さんの妻、純子さんは「本は自分でお客様を選びます」と話す。

先日、宇野千代の「おはん」を探しているお客が来店。何万冊もある中からスタッフ総出で探していたところ、偶然お客が振り向いた先に「おはん」があった。

そうした経験が何回もあることから「本は自らあるべきところに行く」と実感。本や資料を必要している人のところに届けることも使命とし、日々努力している。

2階の売場は書道と美術

西田書店 2F書道書道と美術関係の書籍を置いている2階の売場。階段を上がって右側が書道、左側が美術関連の古書になっている。「書道関係のお客様は、ソファに座って何時間もかけて本を選ぶ方もいらっしゃいますね」と佐藤純子さん

店内の本をPOPでアピール

西田書店 POPでアピール1

西田書店 POPでアピール2店外に置かれた本棚には、スタッフ手作りのPOPが飾られている。この時は「スタァの素顔」という切り口で歌舞伎俳優や女優関係などの本を。一方では落語関係の本を手頃な価格で揃えた。「うちにはどんな本があるのか、お客様に知っていただく狙いがあります」と佐藤健二さん。POPを楽しみにしているお客もおり、「POPを見ると、つい1冊買ってしまう」と声も

  • ショーケースの上には、神奈川を舞台にした小説も並べている
    ショーケースの上には、神奈川を舞台にした小説も並べている
  • 明治17年(1884年)、今から130年以上前に横浜で発行された新約聖書も展示
    明治17年(1884年)、今から130年以上前に横浜で発行された新約聖書も展示
  • 鶴見には曹洞宗大本山の總持寺があることから、宗教関係の書籍が充実。入口近くには仏教をはじめ、様々な宗教の本を陳列している
    鶴見には曹洞宗大本山の總持寺があることから、宗教関係の書籍が充実。入口近くには仏教をはじめ、様々な宗教の本を陳列している
  • 西田書店代表取締役の佐藤健二さん(右)と妻の佐藤純子さん。左にあるのが表彰の盾
    西田書店代表取締役の佐藤健二さん(右)と妻の佐藤純子さん。左にあるのが表彰の盾
  • 店外にある1冊50円と3冊100円。小説などの一般書が入荷した時はこのコーナーで販売している。専門的な本が多い同店では、なかなか一般客が店内まで入ってくることが少ないため、外に置く一般書の価格を安く設定し、店内へと誘導している
    店外にある1冊50円と3冊100円。小説などの一般書が入荷した時はこのコーナーで販売している。専門的な本が多い同店では、なかなか一般客が店内まで入ってくることが少ないため、外に置く一般書の価格を安く設定し、店内へと誘導している
  • 1冊100円のコーナー。小説などの一般書が入荷した時はこのコーナーで販売している。専門的な本が多い同店では、なかなか一般客が店内まで入ってくることが少ないため、外に置く一般書の価格を安く設定し、店内へと誘導している
    1冊100円のコーナー。小説などの一般書が入荷した時はこのコーナーで販売している。専門的な本が多い同店では、なかなか一般客が店内まで入ってくることが少ないため、外に置く一般書の価格を安く設定し、店内へと誘導している
  • 書道のコーナーには書籍の他に、拓本(石碑などに彫り込まれた文字を写したもの)も数多くとり揃えている
    書道のコーナーには書籍の他に、拓本(石碑などに彫り込まれた文字を写したもの)も数多くとり揃えている
  • 豊岡商店街の中にある西田書店の外観
    豊岡商店街の中にある西田書店の外観

Shop Data

オープン 1947年
取扱い商品 書籍の買取・販売及び新刊販売
客層 男:女=9:1
スタッフ数 6名
備考 ◎売り場面積/40坪
◎中古品:新古品の割合/3:7(売上比)
◎西田書店は、先代の西田貞治氏が神田にあった有名古書店・巌松堂で修業を積んだ後独立して創業。実店舗の古書店の他に、大学・図書館・博物館などの外商も行っている
記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

411号(2017/03/10)12面

Page top