ALLU 、中国口コミアプリで人気沸騰《第210回》

検索

ALLU (アリュー)(東京都中央区)

ALLU 、中国口コミアプリで人気沸騰《第210回》

「繁盛店の店づくり」

2019年12月20日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
買取専門店「なんぼや」で知られるSOU(東京都港区)が運営するヴィンテージショップ「ALLU」。希少価値の高いブランド品を扱うこの店舗が今、中国の口コミアプリ「小紅書(RED)」で紹介され、人気となっている。今年から中国からの来店者が増加。2月の売上は前年比で倍以上となった。人気の秘密は、リユースとは思えないラグジュアリーな店づくりだ。

繁盛店の店づくり vol.210

古き良き趣があるALLUの外観古き良き趣がある、ALLUの外観

輝くような店内で、お客をゴージャスな気分にしてくれる「ALLU」。「当店で買い物をすることがステータスになる。そんな風に感じてもらえたらと思っています」と、SOU販売管理本部第二販売事業部担当部長の藤本勇人さんは話す。

藤本勇人さんSOU 販売管理本部 第二販売事業部担当部長 藤本勇人さん

1年半ほど前から「小紅書(RED)」で「雰囲気が素敵」「品物の状態がいい」と評判になり始めた。

さらに、40万人ものフォロワーがいるインフルエンサーから同店の情報が発信された影響もあり、今年2月以降中国からのお客が急増。2月の売上は前年比倍を記録し、中国からの観光客が「銀座に行ったら行きたい店」の候補に入るようになった。

「当店は店内の写真撮影がOK。季節ごとに写真映えするスポットを作るようにして、SNSに投稿してもらいやすくしています」と藤本さん。

入ってすぐ右側にある12のケース入ってすぐ右側にある12のケース。1番下の列は1階、中央は2階、1番上の列は3階の商材が並べてあり、各フロアを視覚的に表現している

1階のコンセプトは「ホテルのロビー」。すっきりとした店内にバッグを中心に時計、アクセサリー、アパレルなどを並べている。中でも力を入れているのがシャネルのヴィンテージアクセサリーだ。

ホテルのロビーをイメージした1階ホテルのロビーをイメージした1階。取材時はクリスマスのディスプレイをしていた

2階は「バー」をイメージした時計のフロアでメンズが中心。時計に合うビジネスバッグや靴も取り揃える。時計修理ができるスタッフが常駐する工房もあるのが特徴。

工房が併設されている2階の時計のフロア工房が併設されている2階の時計のフロア

3階のエルメス専門のフロアは「クローゼット」がコンセプト。透明のケースに、希少価値の高いバッグがずらりと並ぶ光景は圧巻だ。

3階の中央にはバーキンやケリー約70点を透明ケースに陳列3階の中央にはバーキンやケリー約70点を透明ケースに陳列。自分のクローゼットから今日持っていくバッグを選んでいるような感覚が味わえる

3階はゆったりとした空間を演出3階にはソファもあり、ゆったりとした空間を演出

各フロアの雰囲気に合わせてBGMも変えている。1階は女性ボーカル中心のジャズ、2階はモダンジャズ系、3階はPOP系だが、どのフロアもヴィンテージショップの雰囲気を壊さないよう、流行の曲は一切流さない。

「今後は日本のお客様も増やすと共に、越境ECにも注力し、来店された海外のお客様が帰国後も当店の商品を購入できるようにしていきたいと考えています」と藤本さんは話している。

セット販売を積極的に提案

バッグを購入するお客に積極的にセット販売を提案しているバッグを購入するお客に積極的にセット販売を提案している。例えばバーキンならツイリーを、シャネルのバッグにはシャネルのアクセサリー、という組み合わせだ。

「ツイリーはほとんどの方に購入していただいています。数十万円するバッグに対し、ツイリーやアクセサリーは1、2万円で購入できるので、買うことへの抵抗感は少ないようです」(藤本さん)

Shop Data

オープン 2016年10月
客層 メイン客署は30〜40代
備考 店舗面積/248平方メートル(改装中の4階を含めると330平方メートル)
男女比/女性:男性=8:2
店頭在庫/約1000点
客単価/約40万円

第477号(2019/12/10発行)11面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top