OA化進めた電気とITのプロ ~交友録(34)カタバミ質店 方波見友一~

検索

「交友録」

OA化進めた電気とITのプロ ~交友録(34)カタバミ質店 方波見友一~

2016年09月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交友録 記事中タイトルバナー

第34回 交友録
カタバミ質店 方波見友一氏の交友録

カタバミ質店 方波見友一氏

右矢印

つかご質店 塩野目基

カタバミ質店
(東京都練馬区)
方波見友一氏(46)

つかご質店
(東京都練馬区)
塩野目基氏(52)

OA化進めた電気とITのプロ

 つかご質店の塩野目基さんは東京質屋協同組合の元広報部員で、私と同様、古物市場「練馬五十会」の取締役でもあります。

基さんの家は先代から質屋と電気工事会社を経営しています。基さんは電気会社の方をやっていたので、付き合いが始まったのは10年位前からで、気づいたら市場を手伝ってくれていた印象です。

基さんの強味は何といっても、電気とITに強いことです。彼が参加するまで五十会はローテクで、紙と鉛筆の世界でした。ところが基さんはファイルメーカーというソフトウェアを使って市場で扱う商品をデータベース化したり、市場開催中に商品がモニターに映るようにしてくれたり、さらにはパスワード管理システムのロボフォームを導入したりと、彼のおかげでOA化が一気に進んだのです。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

400号(2016/09/25発行)19面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる