アップガレージ、車解体組合と連携

検索

アップガレージ、車解体組合と連携

2016年03月29日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EC在庫4.5倍、180万点に

アップガレージグループで国内外カーパーツEC 「クルーバー」を運営するZERO TO ONE(神奈川県横浜市、以下ZTO)が3月1日、自動車解体業者組合の「NGP」とシステム連携し、自動で同組合の在庫を販売できるようにした。

ZTOが運営するECサイト「クルーバー」の商品ページZTOが運営するECサイト「クルーバー」の商品ページ。NGP組合員もここで販売できる

海外にも伸び代

NGPには解体業者141社が加盟。この在庫を全出品することでクルーバーの商品数は、4.5倍の約180万点に拡大することになる。同サイトでの流通額は今期約28億円の見込みだが、豊富な商品数を元に来期には40億円を目指す。

アップガレージとNGPは、2014年2月に業務提携。この時点でNGP組合員はクルーバー上での販売を始めていたが、1点ずつ出品する手間が枷となっていたため、システム連携を進めた。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

388号(2016/3/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top