お客の声聞く〝現場主義〟− 再良市場 大森店

検索

「1問1答」

お客の声聞く〝現場主義〟− 再良市場 大森店

2017年12月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1問1答

回答者

再良市場 大森店 中村栄幸マネージャー

再良市場大森店 中村栄幸マネージャー

Q創業は?

「平成4年。」

Qなぜ、リユース業をはじめた?

「創業事業はピザ店。リユースビジネスが見直されており、当時はまだ大手も少なくチャンスがあると感じ17年前にリユース事業に着手。現在10店を展開している。」

Q取扱商品は?

「家具、家電がメインで全体の8割を占める。その他は雑貨や、一部業務用製品も。」

Qお客さんに選ばれるためにどんなことを心がけている?

「『現場主義』。お客さんからどんな商品が欲しいか聞き出し、その声を元に商品を集める。逆に反応が良くないものは何かなども情報を現場で収集する。」

Q今後力を入れることは?

「店舗としては店づくり。インテリアに力を入れている。デザインに個性があり面白さが伝わりやすい家具を前面に出して陳列している。ネットやSNS対策も重要だが、買い物は『遊び』の部分も大切。座ったり触ったりできる店舗を主軸に展開していく方針。」

Q注目していることは?

「メルカリの今後の展開。」

インテリアに力を入れる再良市場大森店の店内インテリアに力を入れる再良市場大森店の店内

428号(2017/11/25発行)17面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる