「SNS」に関する記事一覧

検索

「SNS」に関する記事一覧

  • 「Z世代」

    Z世代の古着業界への参入が止まらない、学生起業家の三人を紹介

    アパレル

    2021年10月16日

    Z世代の古着業界への参入が止まらない。いずれもテクノロジーの使い方が特徴で、リモート運営やYouTubeへの積極投稿、クラブハウスを駆使した資金調達など、さまざま。SNSで情報や事例を発信・吸収することができるため、参入...

  • オトワリバース&リバイバルワークショップ、キャラクターコンテンツとアメコミ風HPで差別化

    その他

    2021年09月17日

    SNS活用が日常となった昨今、リユース企業でも集客や販売方法のツールとして活用を強化している企業が増加しているがこれまでリアルでの集客が中心だったためどのように活用していけば良いかわからないという企業も多々あるのが現状だ...

  • 「実態調査」

    買取全般実態調査、仕入れの肝となる「買取り」 それぞれの工夫点とは

    その他

    2021年09月16日

    リユースビジネスの仕入れの肝となる「買取り」。主力商材やチャネル別での内訳、その他に運営面での工夫点を聞いてみた。 調査項目 (1) 商材構成 (2) 買取チャネル (3) 買取額 (4) 粗利率 ノー...

  • 新生社、インスタグラムに「顔出し」 安心感が新規顧客に繋がる

    その他

    2021年09月16日

    850坪の大型店「リサイクルデパート ボーン・アゲイン」など2店舗を運営する新生社(千葉県八街市)のインスタグラム投稿では、センター長や従業員が商品とともに出演している。顔を出すことで新規顧客の来店につなげており、フォロ...

  • フルギーズ、TikTokで古着を100着プレゼント企画

    アパレル

    2021年09月02日

    オンライン古着店のフルギーズ(大阪府大阪市)がTikTokで古着を100着プレゼントするキャンペーンを同SNS上で発表し、話題だ。投稿へのいいね数は1万5000件を超えた。24歳の田爪絋生代表に話を聞いた。 「エモい」動...

  • 古着屋P、大学生がTikTokを活用し古着屋開店

    アパレル

    2021年08月29日

    大学生4人が運営する古着屋P(東京都東村山市)は、このほどネット上に開店した。TikTokの活用を強みとして、「バズった」投稿は120万回再生を記録。安価な服の販売を心がけ、Z世代の若者から熱烈な支持を集める。 TikT...

  • 「イチオシ集客」

    モノコレ、スタッフの日常を配信「集客と心理的ハードルを下げる」

    その他

    2021年06月18日

    「TikTok」で楽しく集客 集客に動画SNS「TikTok」(ティックトック)を活用するリユース企業が現れた。動画形式で情報発信できることから手軽で、テキスト中心のSNSやブログより親近感を育みやすいという。会社を挙...

  • 三宝カメラ、若年層の女性にフィルムカメラが人気

    ホビー・スポーツ

    2021年05月13日

    三宝カメラ(東京都目黒区)では近年、若年層によるフィルムカメラの人気が高まっている。スマホカメラで撮影できない「エモい」写りを狙う女性を中心に、コンパクトフィルムカメラと、フィルムが売れている。 カメラの若年層人気が加速...

  • 高校生・大学生がリユース起業、注目を集める若い力を紹介

    その他

    2021年05月06日

    地方を拠点にリユース業を興す高校生・大学生が注目を集めている。地方創生や環境問題など、それぞれに意識を持って邁進している。4人の若い力を紹介する。 高校・大学生がリユース起業 社会課題の解決に意欲 古本の今時書店/平碧...

  • セカスト台湾に学ぶ、コロナとリユース事情

    その他

    市場動向・行政・団体

    2021年04月18日

    ゲオグループのセカンドストリート台湾(台北市)が地盤を固めている。テストマーケから1年で3店舗まで拡大。同社に台湾でのセカスト事業、最新のコロナ事情、台湾と日本のリユース文化の違いを聞いた。 セカスト台湾に学ぶ コロナと...

Page top
閉じる