【ブレイバー】PCデータ消去ソフト発表、月60万円のコスト削減に

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

【ブレイバー】PCデータ消去ソフト発表、月60万円のコスト削減に

2018年07月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2-B.JPG

▲HDD内データの消去作業の様子

PCデータ消去ソフト発売
コスト削減月60万円の事例あり


スマホのデータ消去ソフトの開発やデータ復旧サービスなどを行うブレイバー(東京都港区)が7月、リユースや修理業者向けにHDDやSSDなどディスク型消去ソフトをリリースした。

ソフトの名称は「MASAMUNE Erasureストレージエディション」。
 
同社は一昨年12月にスマホのデータ消去サービスをローンチし、リユース業者40社以上に提供していた。

うち数社が既に今回リリースのディスク型消去ソフトを導入済みで、「海外産ソフトウェアのライセンス料に月40万~50万円、その他人的な作業費等に月10万~20万円をかけていた所が、当社ソフトを導入し、月50万~60万円のコスト削減を実現している例がある」(阿部勇人社長)と言う。

2-B-2.JPG

▲阿部勇人社長

MASAMUNE Erasureストレージエディションは初期費用無料で、データ消去に成功した件数だけ利用料が発生する。

データ消去したいPCに、同ソフト内蔵のCD-ROMを入れ込み、インターネット接続の環境下で電源をオンにするだけでよい。

対象デバイスはPC、サーバ、タブレットなど。

消去成功率は「消去ログを参照すると99・9%に近い確率で成功している」(阿部社長)と言う。

「弊社消去ソフトの強みは、データ復旧会社が監修していることや、国産ということが認められていること。今後は〝日本のデータは日本の消去技術で消す〟を旗揚げし、海外も含めて500社以上に拡販していく」(同社長)

■【MASAMUNE Erasureストレージエディション】のfacebookは、こちら

第444号(2018/07/25発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる