ブランド卸の【ビッグヒット】、中古バッグのショールーム開設

検索

ブランド卸の【ビッグヒット】、中古バッグのショールーム開設

2018年07月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

▼関連記事はこちら

ブランド卸のビッグヒット

3A_1.JPG

▲リユース倉庫の一角。
7月時点で5000万円分の在庫がある

海外バイヤー向け卸店
中古バッグのショールーム開設

ブランド品の卸事業を行うビッグヒット(東京都江戸川区)が9月中旬頃に、中古ブランドバッグのショールームをオープンする。

同社のオフィスや倉庫の入る自社ビル1階に30坪ほどのスペースを作る。
主に海外バイヤー向けに中古ブランドバッグの商談の場として活用していく考えだ。

新品ブランド品の卸事業を行ってきた同社は、昨年6月からブランドバッグのリユース事業に参入。

25年にわたるインポートブランド総合卸のデータやノウハウを活用し、業者や市場から買い付けたリユース品を小売業者へ卸すスキームを展開している。

展示店という新たな仕組みで海外バイヤーに訴求する。業者間や市場での取引を行う中で、山田俊之代表は「業者間のしきたりや序列があり、海外バイヤーが十分に買い付けられていないのでは」と考えた。

3A_2.JPG

▲山田俊之代表

卸業者のスケールメリットを活かすことで、豊富な商品量と「利幅が5~15%でも対応できる」という低価格を実現する。

ゆくゆくは仕入値ベースで1億円分の在庫をつくる計画がある。

また、卸業者の強みを活かし、シャネルやヴィトン以外にもボッテガやプラダ、グッチなど幅広いブランドを揃えていくと言う。

同社の前期売上高は20億円で内15%が中古となっている。
今期はこれを30%まで引き上げる計画だ。

▼関連記事はこちら
ジャパン宝飾、南船場に宝石ショールーム
オークション会社のビギンが、海外バイヤー向けにブランド品の展示即売会を開催
海外バイヤー向けブランド古物市 ビギンオークションが初競り

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第444号(2018/07/25発行)3面

Page top