《ブランド市場バイヤーに学べ48》シーズナリティによる相場を読む

検索

《ブランド市場バイヤーに学べ48》シーズナリティによる相場を読む

2018年09月02日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

《ブランド市場バイヤーに学べ》タイトルバナー

第48回 シーズナリティによる相場を読む


7、8月と2ヶ月もの間、連日続く猛暑に辟易されている方もいらっしゃるのでは(私はそうです)。
2017年が冷夏だっただけに、今年はなおさら暑いと感じてしまう気がします。
そこで気になってくるのが、ブランド古物相場への影響。
多かれ少なかれ、毎年いわゆる「夏相場」と呼ばれるシーズナリティはあるのですが、今年はどうでしょう。トレンドをざっくりと振り返ってみたいと思います。

まず初めに、今年度に入ってから本コラム執筆時点の8月上旬までは、円安トレンドを追い風に相場は高い水準で安定しています。
特に時計と宝石は堅調で、中でも宝石市場は一般的に取引が鈍りやすい夏のいまも活況です。

7月から8月にかけては夏季休暇やお盆を挟み、上野・御徒町などの主な宝石業者間の取引がスローになる宝石の相場は、一般的には下がるものとされています。

しかし、ここ最近はダイヤモンドルースを筆頭に、そうした業者間取引よりも古物市場の相場が高くなりつつあります。

さらに業者間取引が休みの間、古物市場へ商材が集まりやすいので出品ラインナップが充実する傾向にあります。
ほぼ毎日、全国のどこかで古物市場が開催されている現代ならではといえそうです。

今夏、宝石・時計は好調、バッグややダウン


時計は、為替などの外的要因が好条件なら、夏は相場が上がるシーズンですね。
開放的な服装と共に、手元に映えるダイバーズモデルなどは人気の的です。

海外市況の影響を強く受け、香港マーケットの動きが鈍かった7月は相場に一服感がありましたが、今月から上向いてきています。

国内外問わず人気のパテック・フィリップのノーチラスやロレックスのアンティーク、北米マーケットで人気のデイトジャスト系といったモデルはいま、人気に拍車がかかっています。


宝石や腕時計と比べて、夏相場がややマイナスに働きがちなのが主に革製のバッグや小物。

冷夏の影響もあってか、昨年は年間を通じてさほど相場が落ちませんでしたが、今年はそうはいかない様子。

ただでさえ 革物需要が下がる夏に、今年は輪をかけた猛暑とあって、近年見られなかった夏相場のダウントレンドがやや見られます。


また、現在はエルメスのバーキンであっても、オーソドックスなカラーや素材は値が上がりにくいようです。

古物市場が増え続けるいま、どの市場に行っても買えるような定番品はシビアに値を見られるため、そうした要因も絡んでいるようです(このあたりは、一点一点が異なる宝石と違うところですね)。


とはいえ、悪いことばかりではありません。
買い手目線からすれば、相場が安い今のうちにバッグを仕入れるのもよいでしょう。

昨年のトレンドでは、秋口にかけてルイヴィトンの新品相場が上昇しましたから、もしかしたら先物買いが吉と出ることだってあります。

宝石、時計、バッグ。夏相場に限らず、それぞれの相場のシーズナリティを見越した上で買いや売りの計画を立てることも、基本的ですが大切なことです。


齋藤.PNG<Profile>
齋藤 清(さいとう きよし)
株式会社アールケイエンタープライズ・執行役員 兼 オークション事業本部 本部長 グローバルトレードと共催する「RKグローバルオークション」のオークショニアを務めるとともに、日本国内はもとより海外でも買い付けを行う敏腕バイヤー。ブランド品リユース業界歴は20年余り。ゴルフとお酒を愛する憎めない人柄で、業界関係者との人脈も深い。

▼関連記事はこちら
《ブランド市場バイヤーに学べ47》古物業界の発展と課題
《ブランド市場バイヤーに学べ46》出品に「要る工夫」と「要らない工夫」
《ブランド市場バイヤーに学べ44》アフターダイヤ加工にご注意

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第446号(2018/08/25発行)17面

Page top