蔵王、中古酒ショールーム刷新 常時1万本揃える

検索

蔵王、中古酒ショールーム刷新 常時1万本揃える

2016年01月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港で古酒オークション予定

アプレグループの蔵王(大阪府大阪市)が1月4日に、中古未開封アルコール飲料のショールームをリニューアルオープンした。

1万本の中古酒が圧巻のショールーム1万本の中古酒が圧巻のショールーム

屋号は「アプレリカー」で、場所は大阪・心斎橋。常時約1万本のお酒を揃える。個人・法人問わず、対面での買取りと販売を行うと言う。

同社は、お酒買取りのノウハウやシステム提供も行っており、国内の買取り契約業者数は1500点に及ぶ。今後は、香港で「古酒オークション」を主催するなどし、2018年末までにお酒事業で100億円の売上げを目指す計画だ。

「日本産のウィスキー『軽井沢1960』が約1400万円で落札されるなど、希少なヴィンテージ酒にも注目が集まっています」と話す。

新聞購読ならすべての記事が読める!

384号(2016/01/25発行) 2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top