【一問一答】志と事業承継の両立で決断

検索

【一問一答】志と事業承継の両立で決断

2019年04月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【一問一答】

ゲオホールディングス(愛知県名古屋市・以下ゲオ)は4月9日、中古ブランド品の卸や輸出、古物市場運営を手掛けるおお蔵(福岡県福岡市)を買収する。おお蔵の古賀清彦社長に、その胸中を聞いた。

おおくら.jpg

▲おお蔵 古賀清彦社長

--古賀社長はまだ47歳です。売却は早かったのでは。

業界トップのゲオでなければ、売却を考えてなかったかもしれない。


--というと?

事業承継と自分の志を考えた時に最良のパートナーと感じた。遠藤社長の誠意も感じられ、駆け引きなく飛び込んでみようと思った。


--志とは

おお蔵としての中古ブランド店の展開だ。ゲオの資金や人の力を借りながら、やりたいことがやれる。


--店舗出店の計画は

来年3月までに3~5店出す予定。ゲオからバイヤー7名を出向してもらい育てる。


--ゲオとの相性は

僕はせっかちな性格なので、スピード感のあるゲオとは最高の相性と考えています。

▼関連記事はこちら
ゲオ、ゲオモバイル150店に 今年度は100店出店
おお蔵、需要に合わせた商品展開し海外向け販売が好調
日本企業の中東進出支援するNSトレーディングがドバイで中古ブランド品即売会を実施

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第462号(2019/04/25発行)1面

Page top