廃棄物収集の武松商事、中古家具輸出に本腰 40ftコンテナ、月4〜5本輸送

検索

廃棄物収集の武松商事、中古家具輸出に本腰 40ftコンテナ、月4〜5本輸送

2019年06月16日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

武松商事

廃棄物収集や中間処理を行う武松商事(神奈川県横浜市)が、リユース事業に本腰を入れている。個人や法人から買い取った家具などの海外輸出に昨年から着手し、40ftコンテナ4〜5本分を毎月フィリピンへ輸送している。5月には物流を担う500坪の倉庫を横浜に新設した。

6-A-1 - コピー.JPG▲中古家具に雑貨を詰め輸出用に荷造りする様子

同社は1976年に創業。主に横浜市を地盤に事業系廃棄物の収集・処理を手掛けてきた。横浜市からは一般廃棄物収集運搬業の許可を得ており、行政の窓口を介する形で一般家庭の粗大ゴミ回収も担っている。

「2000年代より広がり始めたとされる循環型社会の形成」(宮澤保取締役)により、同社でも廃棄のみならずリサイクル・リユース領域まで事業を拡大してきた。

6-A-2 - コピー.JPG▲宮澤保取締役

07年には「エコクル」の商標で一般家庭への出張サービスとして不用品回収や遺品整理などを展開。17年には「エコクルボックス」の名称で、幅65㎝・高さ45㎝・奥行45㎝サイズの箱に不燃ゴミや粗大ゴミを詰め、1回あたり6500円での訪問回収や一部で買取りのサービスも始めた。エコクルボックスの受注数を倍増ペースで上げ、かご車タイプの大型サイズと合わせ18年度では500個のボックスが稼働した。

こういった家庭からの不用品に含まれる家具や、食器、ぬいぐるみなどの雑貨を輸出業者を介する形で海外リユースを強化。また事業系から排出された引取物なども合わせて輸出している。フィリピン現地の古物市に出品され業者などにより競られている。

武松商事の2019年4月期の会社売上高は44億円程。

▼関連記事はこちら
フジ・ジャパン・オークション 出来高500万、比の道具市 日系のサプライヤー増加
リユース・ジャパン、ゴミ削減を目指す組織を形成へ
《全国ダーツの旅☆東京都》遊遊市場、輸出販路のきっかけつくったフィリピン人の「もったいない!」

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第465号(2019/06/10発行)6面

Page top