ウルトラエックス、Mac向けの検査ツール 誤った査定や買取を防ぐ

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

ウルトラエックス、Mac向けの検査ツール 誤った査定や買取を防ぐ

2019年06月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT機器の診断・データ消去ツール等の開発販売を行うウルトラエックス(東京都千代田区)が7月9日、Macパソコン向けの検査ツール「PC Checkup for Mac」を発売する。査定時の動作やコンディション確認が容易に行えるようになる。USBをパソコンに差し込むと検査ツールが起動し、流れに沿ってチェックしていく。テストは、CPU、メモリ、ストレージ、Wi-Fi、サウンド、ディスプレイ、カメラ、キーボード、トラックパッド、バッテリの10項目。各社の設定値に基づきOKかNGで判断していく。

3B-P2.pngのサムネイル画像▲PC Checkup for Macの操作画面

これまで同社ではWindows向けの検査ツールを提供してきた。Mac向けは、査定持ち込みの割合が低かったことからツールのニーズが低かった。ただ、人力で査定を行うと、担当者が機種やスペックを間違えたり、動作確認での見落としにより、誤った価格で買い取ってしまうことが生じていたと言う。

同社のWindows版を利用しているユーザーからは「買ってはいけないものを買ってしまうことを防げたり、買い取る場合も減額の理由をユーザーに明確に説明ができるようになったと評価頂いています。人によって査定額が異なりトラブルになることを防ぐこともできます」(斉藤貴宏営業部部長)。利用料金は月額制で検査台数によって異なる。

3B-P1.jpg▲斉藤貴宏営業部部長

第466号(2019/06/25発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top