エコノス、新規出店を再開 3期ぶり営業黒字で

検索

エコノス、新規出店を再開 3期ぶり営業黒字で

2019年08月01日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エコノス

ハードオフブックオフFCでリユース事業を手掛けるエコノス(北海道札幌市)は今期、3年半ぶりに新規出店を再開した。2019年3月期の会社売上高は38.7億円で、営業利益は1.2億円だった。3期ぶりに黒字に転じた。

7月26日に、イオンモール旭川西店の近くに「エコタウン旭川西店」をグランドオープンする。ハードオフ、ホビーオフオフハウスの3業態による複合店で、売り場は約1,000平米。買取りのみ13日から受け付けていた。

6-A.jpg▲エコタウン旭川西店のイメージ

また今年11月には、札幌市豊平区にあるブックオフを移転し、家電や古着などを扱うハードオフ、オフハウスと併設し大型店に刷新する。同社は今期、店舗網を27拠点62店舗から、28拠点67店舗にまで増やす。

19年3月期のリユース事業における売上高は35.6億円(前年比2.6%減)で、セグメント利益は3.3億円(同15.5%増)だった。昨年起きた北海道胆振東部地震の影響を除いた既存店で、売上が概ね堅調だった。

▼関連記事はこちら
《バイヤー道~私の買取接客術~》山賀馨店長、「見積りだけ...」も覆す思い入れ吐露させ成約獲得
ハードオフ売上高微増 今期国内外出店とネット注力
《繁盛店の店づくりVol.199》オフハウス八王子大和田店、「うわぁ、懐かしい」レトロコーナーで客層が拡大

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第468号(2019/07/25発行)7面

Page top