《全国ダーツの旅☆滋賀県》京都屋質店、インスタ見て国産時計の実物見たいと 家族で来店した京都観光の外国人客

検索

《全国ダーツの旅☆滋賀県》京都屋質店、インスタ見て国産時計の実物見たいと 家族で来店した京都観光の外国人客

2019年08月09日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リサイクル通信 全国ダーツの旅

~滋賀県 編~

ダーツの矢がささったエリアのリサイクルショップに取材するコーナー

インスタ見て国産時計の実物見たいと
家族で来店した京都観光の外国人客

京都屋質店(滋賀県大津市)はシチズンやセイコーなど国産のヴィンテージ時計に強みを持つ老舗質店だ。

同店では3年ほど前からインスタグラムで時計画像を投稿しているが、それを見た外国人が観光ついでに「実物が見たい」とよく来店するようになった。店は滋賀県大津市にあるのだが、京都市内から20分ほどと近く、店名からも京都にあるヴィンテージショップだと勘違いするらしい。

19_p2.pngのサムネイル画像▲インスタグラムを見た外国人からのメールもよく来る

「今ではスマホの翻訳機能を使っての対応にも慣れましたが、初めの頃は英語が苦手なので、勘弁してよという気持ちでした。なので、最初に来店されたお客様は特に印象に残っています」と中野英樹店長。

そのお客は欧米から来日した家族づれで、インスタグラムで見たセイコーの時計が見たいとのことだった。男性は時計のコレクターらしく、熱心に何本かの時計を見比べていたが、妻や娘たちは店内を見て回ったり、店の前を走る電車を物珍しげに眺めたりしていた。最終的に男性は約30万円のグランドセイコーを購入し、一家は満足げに店を後にしたという。

「インスタグラムには英語の説明も付けているので、問い合わせもよく来ます。高額のヴィンテージ時計を購入されるのは、大半が外国人のお客様です。SNSを活用すれば、日本にいてもボーダーレスなビジネスが可能なのだと実感しています」(中野店長)

19_p1 - コピー.jpg▲中野英樹店長

▼関連記事はこちら
ブランド古物市のナニワ市場、宝石時計大会を毎月開催 出来高5億円目指す
《全国ダーツの旅☆東京都》アロマディフューザーレンタルのCSE、東大医学部へスポットレンタル
《全国ダーツの旅☆東京都》リカラット、メルカリで偽宝石買った相談者 鑑定きっかけに情報発信強化

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第468号(2019/07/25発行)19面

Page top