《全国ダーツの旅☆滋賀県》kimono tento、洋服感覚の着物コーデに出会い 新しい着方にハマった50代女性客

検索

《全国ダーツの旅☆滋賀県》kimono tento、洋服感覚の着物コーデに出会い 新しい着方にハマった50代女性客

2019年08月09日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リサイクル通信 全国ダーツの旅

~滋賀県 編~

ダーツの矢がささったエリアのリサイクルショップに取材するコーナー

洋服感覚の着物コーデに出会い
新しい着方にハマった50代女性客

19_p4.jpg▲店主セレクトの着物や小物が綺麗にディスプレイされている

kimono tento(滋賀県大津市)はアンティークやユーズドの着物・帯を中心に、時代を問わず泉陽香店主が心惹かれるものを集めたセレクトショップだ。コンセプトは「着物を洋服感覚で自分らしく着こなす」こと。泉店主のコーディネート力の高さに魅了され、同店には幅広い年代の常連客が集うが、その中の一人に50代の女性がいる。

その女性が来店したのは数年前、目的は娘が成人式で着る着物の半襟を探すことだった。店内のディスプレイを見て感嘆した様子だったが、連れの老母が「着物なら家にたくさんあるじゃない」と言うので、しぶしぶ帰ってしまった。ところがその日の夕方、その女性が一人でやってきたのだ。

女性は着付けができず、嫁入り時の着物に手を通したことも無かったが、「こんな可愛い着物なら着てみたい!」とその場で一式購入した。そしてすぐに着付けを習い、泉店主がセレクトした着物や帯のコーディネートで、それまでの固定概念に囚われない着こなしにハマっていった。

「今ではご自分で帯や小物を作ったり、帽子やブーツなどを合わせた自由な着こなしを楽しんでおられます」と泉店主。

19_p3.jpeg▲泉陽香店主

同店は小物まで揃えても2万円以下の商品も多く、洋服感覚で着物のおしゃれを楽しむことが出来る。

▼関連記事はこちら
《仕事ができる人の1日》KOMEHYO、名古屋本店きもの館責任者 坂本 直樹さん
《全国ダーツの旅☆東京都》リカラット、メルカリで偽宝石買った相談者 鑑定きっかけに情報発信強化
《全国ダーツの旅☆鹿児島県》古着SAKAGUCHI、ピンクハウスシェアしたいと帰省の度に売却にくる女性客

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第468号(2019/07/25発行)19面

Page top