《ニュースフラッシュ》atsumari、個人間楽器シェア 補償制度で出品リスク減

検索

《ニュースフラッシュ》atsumari、個人間楽器シェア 補償制度で出品リスク減

2019年09月22日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

atsumari

e554ebdfeb720e40b97483dda8892805_s.jpg

atsumari(東京都千代田区)は、運営する個人間楽器シェアリングサービスatsumariに出品された全ての楽器に、破損時に修理費の一部を補償する制度の提供を8月に開始した。

同サービスは楽器の所有者と楽器をレンタルしたい人をマッチングする。所有者は楽器の遊休時間を利用して副収入を得られる。利用者は新しい楽器に挑戦する際や、買い替え前のお試しなどで利用するケースが多い。楽器の補償制度により楽器所有者の出品リスクを抑えるほか、マッチング数の拡大を狙う。

▼関連記事はこちら
《Sharing Economy》個人間楽器シェアサービスatsumari、楽器職人と奏者を繋ぐ場を提供
シモクラセカンドハンズ、中古ギター訪日客に人気 ジャパンヴィンテージに脚光
《Sharing Economy》DELICIOUSが楽器のシェアリングサービス「HEAVT GAUGE」を開始

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第471号(2019/09/10発行)14面

Page top