アシスト「クシリキマーケット」、情報シェア機能でユーザー増 全国展開見据え無料施策も

検索

アシスト「クシリキマーケット」、情報シェア機能でユーザー増 全国展開見据え無料施策も

2019年11月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アシスト(神奈川県大和市)の運営する「クシリキマーケット」を利用する法人が増えている。昨年7月、中古の家具家電を中心に正式サービスを開始し、登録法人は当初の22社からまもなく200社になる。新機能「情報シェア」と無料施策によって、全国から月30~50件ほどの登録があるという。

クシリキマーケットは、600~700点ほどの商品が常時登録され、約80法人が売買を行い、月間で約1300件800万円程度の取引がある。同社の及川進規氏が開発を担当。「簡単に出品できるので、買取商品を販売する時間が短縮できる、という言葉を利用者から頂いている」と及川氏は話す。

また、19年7月から開始した「情報シェア」機能は、大量放出品や海外向け商材を扱う事業者などの情報を得たり、買取品処分を行う業者を地図上で確認したりできる。メールのアラート機能も搭載。閲覧には登録が必要で、登録には古物商の許可が必要。

2-A②.png「情報シェア」には中古業向け情報が並ぶ

現在、かかる費用は10%の売り手手数料のみ。月額費用はキャンペーンで無料だ。背景には、来年以降に全国展開を見据え、現時点では対応しない土地の業者にも登録を促す狙いがある。「現在は関東でしか取引できないが、今後、全国の企業がマーケットプレイスを運営・利用できるようにしていく。システムは早くて12月に完成する」(及川氏)

今後、貸倉庫業者など提携業者を増やし、全国で売買を可能にしていく予定。

 

▼関連記事はこちら
《繁盛店の店づくりVol.203》アシスト横浜弘明寺店(神奈川県横浜市)、「大事な食器、次に繋げます」 食器の買取販売店
アシスト、ユニフォームやマンガにもキャラクター登場
アシスト、片付け需要開拓で売上12%増に

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第475号(2019/11/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top