グーグルトレンド、「リユース」「リサイクル」の検索 西日本が強い?

検索

グーグルトレンド、「リユース」「リサイクル」の検索 西日本が強い?

2020年01月30日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

7fbb5667967510653e119fce59e69a1f_s.jpg

グーグルトレンドというサイトでは、毎年の急上昇ワードが公表されている。例えば2019年は、台風19号、令和、沢尻エリカというワードが並んだ。また同サイトでは、時期ごとの人気度を検索でき、「キャッシュレス」というワードは8月までほぼ検索されず、10月の増税前後に検索数が急伸している。

リユース業界では「コメ兵」がブランドオフ買収を発表した9月第4週、にわかに検索数が伸びた。「メルカリ」では年末に向けて徐々に検索数が伸びたが、これは大掃除で不用品を売却しようとする動きがあると推測できる。

また、都道府県の分布、関連キーワードも検索ができる。「リユース」で検索すると、岡山、山口、香川と続き、上位10府県のうち8府県が西日本だ。「リサイクル」の場合、沖縄、北海道、宮崎とばらつくが、こちらも上位10道県のうち8県が西日本となり、エコ意識は西日本のほうが高いことがうかがえる。

 

▼関連記事はこちら
ブランドオフ、コメ兵傘下で再出発 創業者の安山勉氏は実質退任
メルカリ、ハマる理由は承認欲求? 「少額利益でも出品」22%
【意識調査】中古品の売却先、65%が「店舗」 7割強が「現金化できる」に魅力

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第480号(2020/1/25発行)4面

Page top