エクミス、TV通販を通じ新たな客層へ宝石のリペア、リモデルを提案

検索

エクミス、TV通販を通じ新たな客層へ宝石のリペア、リモデルを提案

2020年04月05日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知っておきたいリペア

リユースをとりまく環境で、今「リペア」の存在感が高まっている。注目すべき企業を紹介する。

上野の店頭でもリモデルを提案する上野の店頭でもリモデルを提案する

ジュエリー修理を行う『エクミス(東京都台東区)』では、従来の出張営業に加え、TV通販番組を利用して新たな客層の獲得を目指している。地方や島嶼部の高齢者層へのアプローチが狙いだ。

エクミスは全国の宝石店や呉服店にスタッフを派遣し、来店客に対して宝石のリペア、リモデルを提案するスタイルで30年以上ビジネスを展開してきた。現在は月平均2000件の修理を受け付け、10億円程度を売り上げる。「例えば立て爪(台座に宝石を立てて取り付けたもの)の結婚指輪は見栄えしますが、引っかかるなど日常使いが大変。それを使いやすくしませんか、といった提案をします」(山田悟社長)

山田悟社長山田 悟社長

かつては呉服店での大規模催事を多く開催していたが、近年は宝飾店にて3日間のイベントを開催するのが中心。開催店の店頭と、ウェブ告知、タウン誌で集客するのが主流だ。

また昨今、出張続きとなるスタッフの負担減を目指し、TV通販で修理の宣伝を開始した。19年春に、0.3カラットのダイヤをネックレスにリモデルすることをTV通販を通じて提案。1時間の宣伝で毎月の問合せ件数のおよそ4分の1にあたる550件の反響があったという。

山田社長は「TV通販顧客の平均年齢は70代、1000万人にアプローチできると聞き、自社にぴったりだと感じた」と振り返る。地方や島嶼部からの依頼が多くあり、一定の手応えはあったが利幅が薄いという課題を残した。今春からTV通販を再開予定で、利益率改善とtoC向け知名度向上の両立を目指す構えだ。

第484号(2020/3/25発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top