ブックオフが行う10の感染予防対策とは?

検索

ブックオフが行う10の感染予防対策とは?

2020年06月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい生活様式の店づくり
ブックオフコーポレーション

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が公表された。リユース店においても、この様式に対応した店づくりが求められている。「新しい生活様式の店づくり」では、各店舗の取り組みを取り上げる。最初は大手チェーンの「ブックオフコーポレーション」(神奈川県相模原市)だ。

ブックオフコーポレーション 感染予防対策

ブックオフコーポレーションでは、5月末まで直営店において左記の内容を実施していた。

店内の消毒は、レジ・電子買取端末・クレジット端末等の機器類、トイレ、ドアノブ、カルトン、カウンター上、買物かご等を定期的に除菌。時間は店舗判断で行っている。

混雑した場合、店内への入場制限(駐車場規制や店内の人数制限など)や買取業務の停止なども現場で判断する。立ち読み禁止については、POPの他、アナウンスも流していた。これは緊急事態宣言中のことであり、解除後は緩和する予定だ。

感染予防対策のためのPOP。左は、お客に対しマスク着用を求めるもの。右は店内での対策についてまとめたPOP感染予防対策のためのPOP。左は、お客に対しマスク着用を求めるもの。右は店内での対策についてまとめたPOP

実際にPOPが店内に掲示されている様子。この他、除菌液も設置している実際にPOPが店内に掲示されている様子。この他、除菌液も設置している

スタッフが使用するマスク、使い捨て手袋は会社より支給。マスクをしていない客への提供は原則していない。

FC店に対しては、直営店での対策案の共有、対策に関わる備品などの提供(加盟店負担)を行っている。こうした対応により、2020年4月の既存店売上高は前年比64.4%となっている。

駐車場規制による、入場制限駐車場規制による、入場制限

スタッフルームにも飛沫感染防止フィルムを設置スタッフルームにも飛沫感染防止フィルムを設置

 

買取カウンターの対策

飛沫感染防止フィルムを設置した買取カウンター飛沫感染防止フィルムを設置した買取カウンター

一部店舗では、3密回避の売場制限に伴い、カウンターでお客が待たないように精算は翌日以降とした一部店舗では、3密回避の売場制限に伴い、カウンターでお客が待たないように精算は翌日以降とした

 

販売での対策

飛沫感染防止フィルムを設置したレジカウンター。こちらも買取カウンターと同じく、天井からフィルムを吊るしている飛沫感染防止フィルムを設置したレジカウンター。こちらも買取カウンターと同じく、天井からフィルムを吊るしている

レジ前の足跡サイン。お客が間隔をあけて並べるように、わかりやすくフットステップのマークで示したレジ前の足跡サイン。お客が間隔をあけて並べるように、わかりやすくフットステップのマークで示した

立ち読み禁止のサイン。この他、店内アナウンスでも立ち読み禁止を呼びかけていた(外出自粛制限期間内)立ち読み禁止のサイン。この他、店内アナウンスでも立ち読み禁止を呼びかけていた(外出自粛制限期間内)

新聞購読ならすべての記事が読める!

第489号(2020/6/10発行)11面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top