タイムマシン、YouTubeライブ配信でEC販売や採用後押し

検索

タイムマシン、YouTubeライブ配信でEC販売や採用後押し

2020年07月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍でのリユース企業のSNS活用

コロナの影響でリユース企業のSNS活用が注目を集めている。新品と中古のオーディオ機器を扱う『タイムマシン(大阪府大阪市)』は、このほどYouTubeでライブ配信を開始した。ECの販売や採用にも好影響があるという。

youtubeチャンネルYouTubeを毎日配信

100人出演で「会えるスタッフ」へ

羽生結弦 選手

同社は2010年からYouTube上に動画投稿を始めた。今ではほぼ毎日配信し、チャンネル登録者数は約8万人まで増えた。現在、専属の4人のスタッフが、編集や撮影や企画出しを行っており、 他の諸業務もあわせてほぼ丸一日を費やして動画作成にあたっている。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第491号(2020/7/10発行)10面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top