セラーバンク、「日本語」買い取り 自社メディアに活用

検索

セラーバンク、「日本語」買い取り 自社メディアに活用

2020年07月21日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットサービスを運営するセラーバンク(神奈川県川崎市)が6月より、「日本語」の買取を始めた。同社の運営する「例文買取センター」でネットユーザーから日本語の例文をひとつ50円で買い取り、自社の運営サイト作りに活かす。

例文買取センターは日本語学習者向けに例文をまとめたサイト。特徴的なのはユーザーからの例文買取に応じる点だ。サイト上で特定の単語を用いた例文を募り、応募者はメールで例文を送付。例文が採用された場合は1文につき50円のアマゾンギフト券がもらえる仕組み。現在月300件程度の買取を行う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第491号(2020/7/10発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top