ブックオフGHD、感染下で商圏縮む 「お客」軸でサービス見直し

検索

ブックオフGHD、感染下で商圏縮む 「お客」軸でサービス見直し

2020年07月21日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ提言INTER VIEW

緊急事態宣言下では直営既存店売上が前年比60%台に下落したブックオフ(神奈川県相模原市)。大型店休業が大きなインパクトとなった。今期は新規出店を控え、足元では古着依存の高い商品構成を見直す体制に入る。

堀内康隆社長はコロナ下で実店舗の商圏は狭まると予想。今後はアプリで送客を図るほか、「お客」軸でサービスを組み立てるという。

ブックオフグループホールディングス 堀内 康隆社長ブックオフグループホールディングス 堀内 康隆社長

大型店は今期出店なし
売場の古着比率も再検討

――緊急事態宣言下では、最大時約250店で、土日祝日または全日で休業しました。4月の直営既存店の売上前年比が64.4%、5月が68.4%に落ちています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第491号(2020/7/10発行)9面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top