A-DOS、コロナ時代のDXとヒューマンシフト語る

検索

A-DOS、コロナ時代のDXとヒューマンシフト語る

2020年07月30日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ時代の戦略語る

DXとヒューマンシフトが重要

A-DOS(京都府京都市)が7月9日、「Withコロナ・Afterコロナ時代のデジタルシフトとヒューマンシフト」をテーマに、リユース事業者向けにウェビナーを開催した。

福本晃 社長ZOOMを通じて講演する 福本 晃 社長

顧客体験の数値化でデジタル化は進む

前半には同社シニアコンサルタントの佐藤秀平氏が講演。リユース業界でもサービスのコモディティ化が進む中、自社サービスを通じて顧客が得られる成功体験が何かを見直すよう言及した。その指標設定がなされてからデジタルシフトが進んでいくものとし、次に自社で保有する顧客のデータを可視化させていくことで課題が見えてくるという。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第492号(2020/7/25発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top