コーユーレンティア決算、中古オフィス上期売上は8000万円

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

コーユーレンティア決算、中古オフィス上期売上は8000万円

2020年08月28日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「出口戦略として非常に重要視」

5143_01.jpg

決算説明発表に臨む梅木孝治社長

今年2月に東証ジャスダックに上場したコーユーレンティア(東京都港区)が8月26日、2020年12月期第2四半期の決算説明を行った。オフィス家具・什器・備品やICT(情報通信技術)機器のレンタルや付帯サービスを主軸としており、一部でリユースも手掛けている。上期の売上は前年同期比11.4%増の117.3億円で、営業利益は同51.7%増の8.6億円。うち中古売上は8000万円ほどだった。

同社では、売上構成比が66.3%と最も大きい「レンタル関連」事業の中に、出口戦略としてリユースをサービスに据えている。建設やイベント、オフィス市場向けにレンタル運用を終えた商品や、百貨店、ホテル、病院、オフィスが移転する際に排出した引取品を二次流通させ、国内に4店展開している「リサイクルショップ リスタ」とウェブで再販している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top