ウリドキ、オンラインなら開催頻度高く年1ならオフラインと混同開催で

検索

「VOICE」

ウリドキ、オンラインなら開催頻度高く年1ならオフラインと混同開催で

2020年12月05日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VOICE~読者の声~読者の声を紹介するこのコーナー
異なる業態の代表の方からコメントをいただきました。

テーマ:「Reuse×Tech Conference for 2021」に参加して②

オンラインなら開催頻度高く、
年1開催ならオフラインを

Reuse×Techには2年連続で参加しましたが、出展者の立場から言わせて頂くと、昨年のオフラインの方が良かったです。昨年は会場内にブースを設け、参加者のご相談や課題を直にお伺いすることが出来たので、商談数で見ると、昨年の方が断然多かったです。

今年はウェビナーのシステムを利用し、開催前から弊社スタッフが参加者の方々にコンタクトを取っていましたが、残念ながら返信して下さった方は多くありませんでした。懇親会がなく、参加者と名刺交換したり、直にお話出来なかったのも痛かったですね。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第500号(2020/11/25発行)19面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top