コロナで「フリマ代行」に脚光【2020プレイバック 藤川記者】

検索

「2020プレイバック」

コロナで「フリマ代行」に脚光【2020プレイバック 藤川記者】

2020年12月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5553_01.png

私が選んだ記事は「フリマ出品代行サービス、マカセルに自動選定機能追加」です。

2020年はコロナによる市場への影響から変化が大きい1年でした。緊急事態宣言以後、巣ごもり需要から自宅で過ごす時間が増え、身辺整理を行う人が増加。これにより、メルカリなどのCtoCサービスを利用し、不要になった物を出品する流れが以前にも増して強くなりました。また、手軽に始めることが出来るため、副業として始める利用者も増加傾向にあります。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる