みつづみ書房主催、オンライン古書市「みんなのひとはこ」がSNSで話題

検索

みつづみ書房主催、オンライン古書市「みんなのひとはこ」がSNSで話題

2021年03月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット古書市がSNSで話題

三鼓由希子 店主三鼓由希子店主

オンライン古書市「みんなのひとはこ」が、SNSで拡散されるなどして話題を呼んでいる。

これの第2回が1月1日~11日に開催され、全国から購入者が集まった。12の古書店が参加し、計256冊が販売された。主催の古書みつづみ書房(兵庫県伊丹市)はこれまでイベントで知り合った古書店などに主にツイッターを通じて参加を呼びかけた。「古書店に限らず古書好きはSNSを活用しているイメージ。集客ツールには最適だと思う」(三鼓由希子店主)

書店の出店料は1000円。ECサイトのBASEを使用し、販売手数料が6~7%ほど。コロナ下で窮地に立たされた古書店を助けるための催しだった。開催後にツイッターでは喜びの声や感想が多数アップされた。

第507号(2021/3/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる