モノココ、タイで開業者向け在庫支援

検索

モノココ、タイで開業者向け在庫支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイでリユース店「モノココ」を営むルーツ・オブ・ジャパン(北海道札幌市)が、物販業を新たに開く個人に向けて在庫支援を始めた。現地ではコロナ禍の感染第3波の影響で4月より行動規制が広がり、飲食店などへの出入りが規制されているという。休業を強いられた職種の従事者が副業を負担なく始められるよう、卸した在庫の費用は後から徴収する。

モノココ、タイで開業者向け在庫支援モノココ、タイで開業者向け在庫支援

この取り組みを「ラオ・チュアイ・カンプロジェクト」と名付け、開業者向けにはモノココでの販売価格1000バーツ分を1セットとして卸す。開業者はフェイスブックで周知するなどして、自宅の軒先などで販売をしていく。「例えば3000バーツほどで売って利益を出していただき、後で卸値分を徴収します。開業資金0バーツで始められる。プロジェクト名は『一緒に助け合う』を意味しています」(湊源道社長)。主に食器、おもちゃ、ぬいぐるみ、工具などを提供していくという。

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる