DAINAS、商品の約半分を1万円で販売する「1万円SHOP」が話題

検索

DAINAS、商品の約半分を1万円で販売する「1万円SHOP」が話題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DAINAS(東京都町田市)が運営する総合リユース店 「1万円SHOP」が話題を呼んでいる。商品の約半分を1万円で販売している。

同店は昨年の7月よりオープン。家具・家電・アンティーク品を揃えている。商品によって20・40・50・70%OFFなどの赤札が付いているため「厳密には均一ではないが、お客様に関心を持ってもらい、スタッフと接点を持つきっかけとなればと考えました。実際にはスタッフのファンとなっているような方もいます」と稲田泰生社長は説明する。

家具・家電・アンティーク品を揃える家具・家電・アンティーク品を揃える

ほぼ1万円均一のリ店

古物の卸専業が小売店

同社はもともと10年にわたり古物の卸売りを専業としていた。小売りに進出したことで、エンドユーザーからも情報収集ができるようになった。「古物市場で値崩れしたものでも、店舗では売れることは大いにあります」(同氏)

従業員は7人。月に200件ほど買取案件をこなしている。

稲田泰生社長稲田泰生社長

第515号(2021/7/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる