TCE、データ消去専用新施設「本社テクニカルセンター」稼働

検索

Reuse×Tech 2022

TCE、データ消去専用新施設「本社テクニカルセンター」稼働

2021年08月01日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古PCの買取販売等を行うTCE(兵庫県伊丹市)では、データ消去専用の建屋を設けた。一昨年のデータ流出事件を受けて、新規法人からのデータ消去依頼件数が急増。また、同社の近年の業績や「PCコンフル」の出店攻勢を評価した上での問合せも増加。結果、大量の案件に対応するための新施設の稼働が急務となっていた。

伊丹本社に「テクニカルセンター」

PCデータ消去が依頼増

相互監視ができるよう、二人で作業する相互監視ができるよう、二人で作業する

「本社テクニカルセンター」は伊丹本社から車で約5分の場所にあり、搬入搬出・入荷処理・データ消去・検品・一時保管等を行う。1フロアあたり約100坪の広さや会社からの距離などを総合的に見て場所を選んだ。対応する電子機器の数は時期で波があるが、滞りなくさばけている状況。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第516号(2021/7/25発行)18面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる