出張買取実態調査、買取顧客の集客方法について聞いてみた

検索

「実態調査」

出張買取実態調査、買取顧客の集客方法について聞いてみた

2021年08月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅配買取実態調査

「出張買取」は、実店舗の有無に問わずできる仕入れ方法の1つだ。各社、どのようなサイトづくりやサービスを打ち出し、買取顧客を集められているのか。問い合わせの数や成約率、粗利率などをきいた。

調査項目
(1) 商材構成
(2) 従業員数
(3) 問い合わせ数
(4) 訪問する割合
(5) 成約率
(6) 買取額
(7) 粗利率

ブライトビジョン

  • (1) PCが70%、カメラやブランド品などその他が30%(物量をベースに)
  • (2) 1人
  • (3) 月300件以上
  • (4) 問い合わせの20%程度が、実際に出張買取か宅配買取となる
  • (5) 出張買取となれば成約は100%(必ず1点以上、買取りができている)
  • (6) 平均5万円程度
  • (7) 50%

ブライトビジョン

PC買取きっかけに開拓訪問すれば成約100%

都内で出張買取を展開するブライトビジョン(東京都あきる野市)では、買取比較サイトやグーグルマイビジネス、ライン公式アカウントを通じて月に300件以上の買取依頼を集めている。うち約2割が出張買取や宅配買取につながり、出張の場合の成約率は100%だ。

物量ベースで見ると、取扱商材の7割がノートPCやデスクトップPC。「無店舗による出張買取サービスを17年に立ち上げました。お客様にとっては宅配買取では頼みづらいPC類を買取りの入り口として狙いを定めることで、ご自宅への訪問ができ、そこからコミュニケーションが図れます。結果、1件あたりの買取点数が増えたり、リピーター獲得につながったりしています」(武内啓将代表社員)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第517号(2021/8/10発行)17面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる