「時計修理」需要増加

検索

「時計修理」需要増加

2023年02月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時計修理の需要が旺盛だ。昨年8月に日本オークション協会(JWA、東京都港区)はオークション参加者向けの時計の修理サービスを開始し、12月にバリュエンスHD(東京都港区)が従来より手掛けてきた時計修理サービスを拡大した。背景には時計相場の上昇期待に伴う修理需要の増加がある。

コロナから回復、値上がり期待で

バリュエンス

時計修理、年間4.2万件
前期比173%で成長

バリュエンスは昨年末、「時計修理工房なんぼや」を「ALLUWATCH REPAIR」へ名称変更し、サービスの認知を広げ、修理事業を強化すると発表した。

バリュエンス バリュエンスの修理工房バリュエンスの修理工房。白衣を着た職人が時計のオーバーホールや研磨を手掛ける

同サービスが請け負うのは、買取りした時計の修繕と、消費者から直接依頼を受けて手掛ける修理の2種類。消費者からの修理依頼で月1000件以上、年間で3万件以上の修理を手掛ける。店舗で受け付けた修理品、あるいは買取品を、東京の鮫洲にある工房へ送り、修理する。修理後は動作試験を経て、依頼者に返却するか、オークション・EC等に出品する。

修理の需要は年々高まっている。昨年の修理件数はコロナからの回復もあり、前期比173%で推移。リペア事業部の佐藤和也部長は「高級時計を中心に資産価値が認められ、値上がりを待つ意識が高まった」と見ている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第552号(2023/01/25発行)24面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる