ブランディア、中国人バイヤー向けに初の卸売

検索

ブランディア、中国人バイヤー向けに初の卸売

2023年06月22日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BEENOSグループで「ブランディア」を運営するデファクトスタンダード(東京都大田区)は6月14日、中国人バイヤーを自社倉庫に招き、買い付けイベントを実施した。20名以上のバイヤーが、2000万円以上の商品を仕入れた。

ブランド10万点用意、売上2000万円以上

中国人バイヤーの様子。ブランディアECサイトから見たい商品をピックアップした中国人バイヤーの様子。ブランディアECサイトから見たい商品をピックアップした

倉庫は約1万2000㎡で、約10万点の在庫がある。バイヤーらはブランディアのECサイトから実際に見たい商品を選び、実物を確認の上、買い付けを行った。仕入れ価格は同社のEC小売価格とほぼ同水準に設定した。

ブランディアは商品の大半をECで販売しており、今回のように買い付けを受け付けるのは珍しい。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第563号(2023/07/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる